読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンキーロード爆走中!

レールの上から脱線した人生を得る為にヤンキー道を志す!

新卒1年目で会社を辞める人

昨日、仕事中に新卒2年目の社員と少し話した。ちなみに私は3年目で、近頃Facebookで「転職したよ!」という他人の記事をよく見るようになった。今は2年勤めれば職歴にもなるし第二新卒という枠もあるので、会社を辞めるのはそんなに不思議ではない。では、入社して1年過ぎた人はどうなのかと気になって聞いてみたのだ。
曰く、周りは結構辞めてるとのことだった。その後どうしてるのかと聞くと、普通に転職してるらしい。僕なんかに比べれば、よっぽど人生をしっかり考えてる人たちだ!


多くの人が、今の会社で実力をつけるなり人脈を築いてから辞めるべきと言ってくる。じゃあ、実力がつかない環境ならどうなのさ?と聞きたいのだが、果たしてどうなのだろう?僕個人としては実力やスキルの前にやる気とか切磋琢磨できる環境の方がよっぽど大切だと感じる。例え、そんなに向いてない職であっても、周りがやる気みなぎっていつつ良い人間関係にあるのならば、そこにいる意味はある。人はやる気を他人から貰うからね!


後、最近強く感じることは「若い人は若い人が多い環境にいるべき」ということだ。どうしても人間は年をとると保守的になるもの。そんな人が多い業界やら会社にいると自分まで保守的になってしまう。さらに、めんどくさがりの人が多いのだからまともに得られる知識がない。
こういう環境にいて自分を腐らせるのはもったいないと思う。まずは環境を変えるってのが手っ取り早いのだ。