読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤンキーロード爆走中!

レールの上から脱線した人生を得る為にヤンキー道を志す!

熊本地震と世界の安全な場所について

 熊本で地震が起き、今日時点で41人もの方が亡くなりました。亡くなった方の数だけ見れば「多い」とか「少ない」っていう指標にしかならないけども、一人一人の人生があってそれが一瞬で奪われてしまうのだからなんとも心苦しいです。今、私は活字とニュースでしか状況を把握しておらず、想像力をフルに使っても現地の人々の不安な気持ちや絶望感まで汲みすることができません。自分にがっかりです。

想像力が落ちた気がします。人間の偉大なところは他人に共感できるところだと思いますが、それには想像力が必要です。想像力がない人は人間というよりも畜生の派生系でしかありません。日々仕事に追われ、目の前のことだけをせっせと片付けてる人生じゃあ想像力も落ちるわな…。ともかく、熊本の人々には不幸なことが早く過ぎ去って幸せなことだけが訪れるように祈ります。

 こういう災害を見ると、世界のどこかしこも安全な場所ってないなと考えます。自然災害と人災の二つが今日も世界のどこかで起きているわけです。僕はヨーロッパに一人旅に行くのが大好きなのですが周りの人に話すと「今はヨーロッパ危険だよ」というとーっても浅い答えが返ってきます。そういう人たちは暗に「日本でじっとしているのが最も安全」という迷信に陥っているのでしょうが、今回の地震や東北の震災をどう考えているのでしょうかね。海外に行ってテロに合う確率と日本で震災に遭う確率、そしてそれぞれの一回の死者の規模をちゃんと計算したのかなぁ?しかも、人災は究極的には防ぐことができる。人がやっていることなんだから。バックボーン関係なく一人一人が人道に則った生活をしてればこの世に不満を持たないはず。

 そういうことを考えると、やっぱり自分の合いそうな場所を見つけるために外へ出て、良かったら住みついちゃうってのもアリですね。自分の目と肌で感じて自分の居場所を見つける。五感をフルに使って自分が輝ける場所を見つけたいです。誰もがあるはずなんですよねぇー自分に合う場所って。最近の若い人は海外に行かなくなったと聞きます。それでいいのか?本当に今いる世界が最も幸せな世界なのかを考えてみてほしいね。